Kampagne für die Reform der Vereinten Nationen

Movement for UN Reform (UNFOR)

SI  VIS  PACEM  PARA  PACEM!

 If you want peace, prepare for peace!

平和を望むなら平和に備えよ

 

Unsere Themen und Projekte:

Menschenrechtsklage/Human Rights Complaint

The Right of Peoples to Peace

Tangiers as City of Peace and World Capital 

The Garland Canal Project

Korrespondenz mit dem Auswärtigen Amt online

Korrespondenz mit den Parteien und Fraktionen im Deutschen Bundestag

Donations / Spenden

counter gratis

Is Germany actually blocking the development of the UNITED NATIONS to become an effective System of Collective Security?

►►(Click here (German)!)◄◄

ÿ

THE LAW OF THE REVERSAL OF TENDENCIES

by Klaus Schlichtmann

 

ART. IX / 九条

Unterstützer

支援してくださっている人々

INTERESSANTER TEXT:

Walther SCHÜCKING, The International Union of the Hague Peace Conferences

 

INDIA and the Quest for an effective UNITED NATIONS ORGANIZATION

 

Deutsch lernen in Tokio?

KONTAKT: klaus.san@gmail.com

 

Täglich sterben über einhunderttausend Menschen an Hunger.

UNO-CHARTA UN CHARTER

CHARTE DES NATIONS UNIS

ÿ

 

Der Drei-Billionen-Dollar-Krieg

 

·Wie werde ich friedensaktiv ?·

Mitmachen   HIER   eintragen

  ハーグ平和会議 (1899 1907) はなぜ重要なのか。  ドイツ

 

2007年は,ひょっとしたら罪滅ぼしの最後のチャンスになるかもしれません。ドイツ帝国は1899年と1907年にどんな役割を演じたか,1999年デン・ハーグに集まったNGOはしらなかったのかもしれません。さらに,強制仲裁裁判権という最も重大な問題で,諸大国が広範な意見の一致を見ていたことも,ほとんど知られてはいなかったのです。勿論,誰かを晒しものにしようというわけではありません。したがって,これは私たちにとってのひとつの課題なのです。これについて,ドイツの国際法学者であり,新カント学派であったヴァルター・シュッキングは,「全面的な軍備撤廃の鍵は,この方法によるしか見つからないのだから,これは極めて重要な問題なのである。権利の保護が強化されて始めて,軍備の撤廃を実現することができる」と書いています。いまだに,シュッキングのこの命題は正しいのです。それにもかかわらず,国際的な強制仲裁裁判権は,今日まで未解決のままです。ハーグの国家連合の後継者,すなわち国際連盟も国際連合もこの問題を解決できませんでした。歴史を徹底的に研究し,そして立法者が相応の措置をとることによってしかこれは解決できないというのが,私たちの主張です。

 

どうか皆さん,これらのこの上なく重要な点についてもう一度心に留めて下さい。

 

ハーグ平和会議の目標は,なかんずく軍縮と強制仲裁裁判権でした。言い換えますと,武器による活動は最終的に禁止されるべきであり,そのために法的手段が拘束力をもって定められねばならないというのでした。(三つ目のテーマであった,人道的な戦争の法を意味する<交戦法(jus in bello)>は,この関連ではあまり重要ではありません。20世紀に市民の戦争犠牲者が増加したという現実に直面しては,交戦法の効果は疑問です。)

 

平和運動と社会の幅広い層が,これらの要求の背後にいました。これらの目標は,誰にでも容易に理解できるものでしたから,なおさらです。人々は,軍備を撤廃して真空状態にすることは不可能であり,戦争という制度は,ひとつの「法による機関」が受け継がねばならないと理解していたのです。

 

フランス,イギリス,アメリカ,ロシア,中国などの大国は,この「強制」に賛成していました。しかし全会一致が必要だったために,このプランは挫折しました。それもドイツが主導権をとった少数意見のためなのです。オーストリア,ハンガリー,トルコ,ならびにギリシア,そしてブルガリアとルーマニアが,ドイツの反対意見に同調しました。日本は意見を保留しましたが,これはドイツが圧力をかけたからでもありましたが,西欧諸国が一致しているなら,原則的には日本は賛成していたのです。

 

この挫折によって,仲裁裁判権に賛成する国々の間では,1907年から1914年の間に,ブームのように双務仲裁条約が結ばれることになりました。

 

平和運動,外交官,そして強制仲裁裁判権に賛成した諸政府は,1915年に決定していた第三回ハーグ平和会議の準備に入っていました。この(強制という)最重要問題の準備は,その間にとても進展していて,1915年には多数決によって議決されることになっていました。

 

二度のハーグ平和会議に代表委員として参加したケーニヒスベルクの国際法学者フィリップ・ツォルンは,「大きな課題は仲裁裁判の強制を可決することだ」と1920年に書いています。「まさしく世界中が,この平和の装置を激しく憧れて待ち望んでいたのです。(中略) ドイツが国際関係の構築という名誉を担うには,初めからケチがついていました。ドイツ政治のこのとてつもない計算違いが,この上なく重大な結果をもたらすことになったのです,いやそれどころか,今日私たちにとっては,1914年から1918年にかけての世界炎上の恐ろしい光の中で,ほとんど世界戦争の原因のひとつだと思えるのです。(中略) このあわれな成果に対する会議の雰囲気は,この上なく不快なものでした。いやそれどころか,一部では,例えばアメリカ代表団はまさしく腹を立てていました。(中略) 会議の失敗を招き,帝国主義的な,そして軍国主義的な理由から世界共通の平和の願いに逆らうドイツは,あからさまに非難されました。この嘆きと告発は世界中のジャーナリズムにこだまし,これは今日にいたるまで引き続いています。(中略) このようなこの上なく不快な雰囲気で,会議は散会しました。王侯のように会議に登場し,最初はちやほやと持てはやされたドイツ代表団は,注目もされずに,別れの言葉すら述べられずに―数人のトルコ人(中略)の他は―去っていきました。ドイツがあの重大な政治的計算違いに責任がなかったとすると,戦争の他の理由など,世界大戦を不可避にしたほどの厳しいものではなかったということになるでしょう」とも書いています。

 

ドイツ連邦共和国基本法は第24条第3項で,「国家間の紛争の調停のために,連邦は一般的,包括的,強制的な国際的仲裁に対する協定に加盟する」と定めています。大抵のドイツ人は,この条項も,その歴史的背景も知りませんし,ドイツ連邦共和国が国際連合の枠内での協定(国際司法裁判所の司法)に加盟していないということも知りません。

 

今日,ハーグの平和会議が重要なのです。これらの平和会議は,積極的に平和を獲得するために,諸々の目標,諸原則や道程を解明するチャンスに,そしてドイツ連邦共和国基本法と国連憲章の平和規定を目指した,新たな平和政策を世界に説明するチャンスになるのです。これはすなわち,ドイツやオーストリアの(克服されていない)この過去の時期を徹底的に見直すことによって,どうすれば今日,私たちは別の,そして真の平和政策を求めることができるかということを世界に示し,そのための行動を起こすことができる,ということなのです。ドイツ連邦共和国基本法(及びオーストリア連邦憲法)および国連憲章の平和規定の意味で,真の「世界内政」を実行に移すために立法上の主導権をとることが,真の罪滅ぼしなのかもしれません。

 

平和運動の精神が,木を見て森を見ることができなくなるほど深い霧に包まれてはいない,と私は思っております。

 

K. シルヒトマン

 

PERSÖNLICHES

Personal 僕のこと

KONSENSMODELL

Consensus model

RUNDBRIEFE

Round letters

KORRESPONDENZ

Correspondence

VERÖFFENTLICHUNGEN

Publications 出版されている私の記事

FRIEDENSVERFASSUNG

Peace Constitutions 平和憲法

VÖLKERRECHT

TEXTE            Texts

ÖKOLOGIE     Ecology

LITERATUR       Literature 

ZITATE & SPRÜCHE Sayings

IGH ICJ

GUT:

http://www.democracynow.org

 

FRIEDRICH NIETZSCHE:

フリードリッヒ  ニーチェ: 

Deutsch      日本語      français

Human, All too Human

284 The means to real peace. -

No government nowadays admits that it maintains an army so as to satisfy occasional thirsts for conquest; the army is supposed to be for defence. That morality which sanctions self-protection is called upon to be its advocate. But that means to reserve morality to oneself and to accuse one‘s neighbour of immorality, since he has to be thought of as ready for aggression and conquest if our own state is obliged to take thought of means of self-defence; moreover, when our neighbour denies any thirst for aggression just as heatedly as our State does, and protests that he too maintains an army only for reasons of legitimate self-defence, our declaration of why we require an army declares our neighbour a hypocrite and cunning criminal who would be only too happy to pounce upon a harmless and unprepared victim and subdue him without a struggle. This is how all states now confront one another: they presuppose an evil disposition in their neighbour and a benevolent disposition in themselves. This presupposition, however, is a piece of inhumanity as bad as, if not worse than, a war would be; indeed, fundamentally it already constitutes an invitation to and cause of wars, because, as aforesaid, it imputes immorality to one‘s neighbour and thereby seems to provoke hostility and hostile acts on his part. The doctrine of the army as a means of self-defence must be renounced just as completely as the thirst for conquest. And perhaps there will come a great day on which a nation distinguished for wars and victories and for the highest development of military discipline and thinking, and accustomed to making the heaviest sacrifices on behalf of these things, will cry of its own free will: ,we shall shatter the sword‘ - and demolish its entire military machine down to its last foundations. To disarm while being the best armed, out of anelevation of sensibility - that is the means to real peace, which must always rest on a disposition for peace: whereas the so-called armed peace such as now parades about in every country is a disposition to fractiousness which trusts neither itself nor its neighbour and fails to lay down its arms half out of hatred, half out of fear. Better to perish than to hate and fear, and twofold better to perish than to make oneself hated and feared - this must one day become the supreme maxim of every individual state! - As is well known, our liberal representatives of the people lack the time to reflect on the nature of man: otherwise they would know that they labour in vain when they work for a ,gradual reduction of the military burden‘. On the contrary, it is only when this kind of distress is at its greatest that the only kind of god that can help here will be closest at hand.  The tree of the glory of war can be destroyed only at a single stroke, by a lightning-bolt: lightning, however, as you well know, comes out of a cloud and from on high. (R.J. Hollingdale, transl., Human, All Too Human. A Book for Free Spirits, Cambridge Texts in the History of Philosophy (1996), pp. 380-81)

ÿ